法律と無料相談のこと

法律のことについて相談をしたいけれど、身近にそのようなことに詳しい人が誰もいないので、相談することができないという人もいるのではないでしょうか。
法律のことを知らなければ日常生活において困るようなことも少なからずあるために、知らないよりは知っておいた方が断然いいのですがそれを知るための手立てがないのでは、困ることも多いと思います。
そのような人に紹介ができるのが法律の無料相談をしている弁護士事務所があるということです。
このようなところで相談をすればお金の心配をすることなしに、法に関する正しい知識を持った弁護士が的確なアドバイスを無料で与えてくれます。
こうしたサービスが行なっている弁護士事務所があるということを知らなかった人でも気軽にサービスを利用できるのがこのサービスの魅力です。
無料相談をしてみてその弁護士事務所のサービスが気に入った場合には、有料でさらに詳しくその弁護士事務所に相談もできます。

会社・経営者のリスクを最小限に

任意整理のお手伝い

適正な納税をあなたはできていますか?

知っておきたい身近な法律をお教えします

生活の中で知っておくと便利な身近な法律をお教えします。
そこで未成年の事をお教えします。
法律の上で成人と言われるのは、20歳以上です。
そのため、未成年の方との契約は親権者の同意がなければならない場合があります。
それは、自動車の購入であったり、キャッチセールスなどでの契約、それから販売時においてローンなどを組むような買い物の場合には親権者の承諾が必要になります。
これは、社会的な部分で未熟な未成年を犯罪などに巻き込まれない様に未然に守るためです。
ただ、未成年であっても成人と扱われる場合があります。
それは、既婚者の場合です。
未成年の場合、男子は18歳、女子は16歳で結婚が認められます。
また、どちらかが死亡した場合や離婚した場合であっても未成年に戻ることはありません。
ただ、その場合でも、喫煙や飲酒などは一般の未成年者と同様な扱いになります。
お子さんがおられる方や未成年の方にとって身近な役立つ法律です。

サンプルイメージ1

法律についての相談があるならまずは無料相談を

私達は日常生活においては法律について意識することはあまりありませんが、何らかのトラブルが起きてしまっ

サンプルイメージ2

債務整理の手続きをするためには

私達は日常生活においては法律について意識することはあまりありませんが、何らかのトラブルが起きてしまっ

過払い金請求の手続きをするために

過払い金は貸金業者からお金を借りるときの金利が利息制限法で定められた上限を超えた利率だった際に生じる

密集化した地域でも住環境や景観の維持に機能する法律

人口減少や少子化が続いていても全国で年間100万戸近い共同住宅や戸建て住宅が建てられています。

Copyright© 法律 All Rights Reserved.